【DeNA】元中日・武藤祐太が引退会見「ベイスターズさんに恩返しできたら」

スポーツ報知
武藤祐太

 5日にDeNAから戦力外通告を受けたDeNA・武藤祐太投手(32)が17日、横浜市中区の球団事務所で引退会見を行った。

 中日、DeNAでの現役生活を振り返った武藤は「(中日を)戦力外になって、ベイスターズに拾ってもらって、次こういうこと(戦力外)が来たらしっかり諦めるという覚悟を持って毎年腕を振ってきた。言われたときにすでに決断しました」。DeNAでの4年間を「すぐに打ち解けてくれたり、年は上の方だけどみんな家族のようにしてくれて、1軍コーチもフラットな状態で僕を見てくれて、すごい居心地のいい4年間だったと思う」と振り返った。

 今後については未定としながらも「プランはまだ決まっていませんけど、しっかりベイスターズさんに恩返しできたらなと思っています」と話した右腕。中日、DeNAの両球団のファンには「満員のナゴヤドームで投げたこともあったし、満員の横浜スタジアムで投げたこともあった。あの大声援がすごい力になりましたし、もう一押ししてくれるファンの声援がすごい力になったので、本当に感謝しても仕切れないです」と、感慨深そうに振り返っていた。

 武藤は埼玉・飯能南高からホンダを経て、2010年ドラフト3位で中日に入団。1年目の11年から救援で1軍登板を果たすと、13年には自己最多58試合に登板して2勝2敗10ホールド、防御率3・73でブルペンを支えた。17年に戦力外通告を受けたが、DeNA入り。18~20年の3年間で72試合に登板したが、今季は2軍でも30登板で防御率7・04と調子が上向かずに1軍登板がなく、5日に戦力外通告を受けて、現役引退を決断した。23日中日戦(横浜)後には引退セレモニーが予定され、これまで所属した両軍のファンに惜別のあいさつをする予定だ。

 ◆武藤 祐太(むとう・ゆうた) 1989年6月14日、埼玉・毛呂山町生まれ。32歳。飯能南高では主に「4番・投手」で高校通算27本塁打も放った。ホンダを経て10年ドラフト3位で中日入り。プロ11年間で通算197試合に登板し、10勝9敗、防御率4・25。今季年俸2200万円、背番号「58」。178センチ、85キロ。既婚。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請