【府中牝馬S・敗者の弁】7番人気スマートリアンは6着 三浦皇成騎手「勝負にいったら少し甘くなった」

スポーツ報知
6着のスマートリアン(手前)と9着のレレッドベルディエス(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第69回府中牝馬S・G2(10月16日、東京・芝1800メートル、良)

 牝馬18頭立てで争われ、4番人気のシャドウディーヴァ(牝5歳、美浦・斎藤誠厩舎、父ハーツクライ)が福永祐一騎手を背に鮮やかに差し切り勝ちを決め、18回目の重賞挑戦で初制覇を飾った。エリザベス女王杯(11月14日、阪神)の優先出走権を手にした。勝ち時計は、1分45秒6。

 5番人気だったアンドラステ(岩田望来騎手)が首差の2着、8番人気のマルターズディオサ(田辺裕信騎手)が3着に続いた。

 1番人気のマジックキャッスル(戸崎圭太騎手)は15着、2番人気のデゼル(川田将雅騎手)は16着に沈んだ。

 三浦騎手(スマートリアン=6着)「内枠を生かした競馬をしようと思っていた。勝負にいったら少し甘くなった」

 中竹調教師(アカイイト=7着)「久しぶりのせいか、力みがあったように思う。それでもしまいに脚を使ってくれた」

 杉原騎手(サンクテュエール=8着)「初ブリンカーでピリッとして、馬の状態もよかった。前が止まらなかったけど、これがきっかけになれば」

 横山和騎手(レッドベルディエス=9着)「二の脚がつかず、後ろからになった。最後はしっかり脚を使ってくれていた」

 和田竜騎手(シゲルピンクダイヤ=10着)「いい位置につけられた。前も空いたけど、右にモタれて反応しきれなかった」

 国分恭騎手(ローザノワール=11着)「ハナに行くことができました。ただ時計も速かった。もう少し時計がかかってくれれば」

 内田騎手(セラピア=14着)「かかることもそれほどなく折り合いをつけて運べた」

 丸山騎手(リアアメリア=17着)「気持ちの問題が大きいと思います」

 武藤騎手(フィリアプーラ=18着)「もう少し前で競馬したかったけどうまく出せず。あの形で時計が速いと苦しかった」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×