【日本ハム】R・ロドリゲスが6回に均衡破る中前適時打 山本由伸から先取点

スポーツ報知

◆パ・リーグ 日本ハムーオリックス(16日・札幌ドーム)

 日本ハムのロニー・ロドリゲス内野手が0ー0の6回に先制の中前適時打を放った。バーヘイゲンと山本由伸が繰り広げた投手戦の均衡を破った。2試合連続無得点だった打線は、13日西武戦(札幌ドーム)の7回以来25イニングぶりの得点を挙げた。

 R・ロドリゲスが値千金の一打を放った。西川、近藤の単打で作った2死一、二塁。1ボール2ストライクから、外角低め138キロのスライダーにバットを伸ばした。泳ぎながらも中前に運ぶと、二塁から西川が生還。欲しかった1点をたたき出した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請