【広島】宇草孔基のプロ初先頭打者弾から初回打者9人で4得点 4ゲーム差に迫る3位・巨人との直接対決

スポーツ報知
先頭打者本塁打を放った宇草孔基

◆JERAセ・リーグ 巨人ー広島(16日・東京D)

 広島の宇草孔基外野手が自身初の先頭打者アーチとなる3号ソロを放った。

 巨人先発・高橋に対して1ボールからの2球目、真ん中付近の直球を右中間席に運んだ。「(鈴木)誠也さんから『練習通り、練習通り』とアドバイスをもらっていたので、練習通り打つことができました」と振り返った。

 1軍昇格した5日の中日戦(バンテリンD)から10試合連続で1番に座る2年目・宇草は、試合前まで月間打率3割5分の活躍。リードオフマンの一撃で勢い付いた打線は、西川、鈴木誠の3、4番の連打などで2死一、三塁の好機を作り、菊池涼が左翼フェンス直撃の適時二塁打。なおも二、三塁から林が中前に2点打を放ち、初回に6安打で大量4得点。初回で高橋をマウンドから引きずり下ろした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請