【大学野球】慶大が首位・立大に先勝 ソフトバンク2位・正木は2安打1打点「後ろを信じてつなげた」

スポーツ報知
2回1死一、二塁、打者・橋本典之の右適時打で激走、生還した慶大・正木智也

◆東京六大学野球秋季リーグ戦第5週第1日 ▽慶大8―5立大(16日・神宮)

 2カードを終えて2勝2分けの慶大は、3カードを終えて5勝1敗の5ポイントで首位に立つ立大に逆転勝ち。ポイントを4に伸ばし、立大に1差に迫った。11日のドラフト会議でソフトバンクから2位指名を受けた主砲・正木智也(4年=慶応)は「4番・一塁」で出場し、2安打1打点だった。

 六大学NO1スラッガーが、つなぎの打撃でチームに大きな1勝をもたらした。2回に中前打を放ち、先制のホームを踏むと、3回には左犠飛。5―4と逆転に成功して迎えた7回には、先頭打者として右前に軽打。この回に挙げたダメ押しの3点の足がかりをつくり、「4番を打たせてもらってますけど、後ろにいいバッターが続く。後ろを信じてつなぐことができたと思います」と胸を張った。

 試合は、慶応高からの後輩で弟分的存在の広瀬隆太内野手(2年)が決勝打を放った。広瀬に「僕の目標とする選手。2年後には自分もこのようになりたい。プロに行った後も追いかけていきたい」とラブコールを送られ、「常に目標としてもらえるように、このリーグ戦でもプロに行ってからも活躍していきたいと思います」。照れくさそうにさらなる活躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請