松山弘平騎手が阪神6Rで2年連続のJRA年間100勝 「毎年達成し続けられるように頑張りたい」

スポーツ報知
阪神6Rをディアノイアで勝利してJRA年間100勝を達成し、ガッツポーズの松山 弘平騎手(中、カメラ・馬場 秀則)

 松山弘平騎手=栗東・フリー=は10月16日の阪神6R・3歳上1勝クラス(ダート1400メートル)でディアイノア(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父パイロ)に騎乗して1着になり、クリストフ・ルメール騎手、川田将雅騎手、福永祐一騎手に続く今年4人目のJRA年間100勝を達成した。2年連続の2回目。

 昨年は10月18日に決めており、今年は2日早い達成。その昨年は秋華賞・G1のデアリングタクトで牝馬3冠を達成し、次の京都12R・平城京S(ペオース)で連勝して年間100勝となっていた。あれから1年が過ぎ、今年も秋華賞ウィークでの達成となった。

 松山弘平騎手「今年も100勝を達成させていただいて、ありがとうございます。多くの騎乗依頼をいただき、力のある馬に乗せていただいたおかげです。自分1人では達成できないものだと思いますし、携わってくれた方々に感謝したいです。今後も毎年達成し続けられるように、これからも頑張っていきたいと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請