【ソフトバンク】東北福祉大の育成4位・三浦瑞樹投手に先発での活躍期待

スポーツ報知
ともにプロでの活躍を誓った東北福祉大・大竹と三浦(左)

 ソフトバンクからドラフト指名された東北勢3人が15日、指名あいさつを受けた。東北福祉大の育成4位・三浦瑞樹投手(22)は1日も早い支配下登録を目指す。

 東北福祉大の173センチの左腕、三浦は「すごくうれしい気持ちで一杯です。これから一緒にプロの世界でやっていこうと言われたので、うれしかった」と声を弾ませた。

 神奈川県出身で、盛岡大付(岩手)では春夏連続甲子園8強メンバー。仙台六大学リーグでは今季の春終了時点で26試合に登板して10勝0敗、防御率1・10。福山スカウトは「先発として投げる体力がある」と先発としての活躍を期待した。1年時から公式戦に登板し、19年と今年は侍ジャパンの大学代表候補にも選出された技巧派は「ソフトバンクは、投手力がすごくいいチーム。自分もその中に入れるように、やっていかないといけない。支配下に上がれるように」と誓った。

 ◆三浦 瑞樹(みうら・みずき)1999年9月2日、神奈川県生まれ。22歳。小学校から野球を始める。中学時代は横浜瀬谷ボーイズに所属。盛岡大付を経て、東北福祉大に進学。1年時から公式戦に登板し、4年春は最優秀投手賞に輝く。左投右打。173センチ、77キロ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請