【オリックス】杉本裕太郎、キング前進32号…吉田正抜け苦境も「どうすれば勝てるか考える野球が楽しい」

スポーツ報知
4回無死一、二塁、先制の左越え3ラン本塁打を放つ杉本裕太郎

◆パ・リーグ 日本ハム0―3オリックス(15日・札幌ドーム)

 先輩の“力水”には規格外の飛距離で応えた。「今年一番の当たりでした」と杉本が自賛するのも無理はなかった。ともに無得点の4回。連続四球で無死一、二塁とピンチを広げた相手先発・立野の心理も読むように、真ん中に入った初球のフォークを狙った。

 「完璧。感触も今までで一番よかった」。一歩も動かなかった王柏融のはるか頭上。左翼席上段まで届いた。先制の32号3ラン。パ・リーグ2位の柳田(ソフトバンク)に5本差をつけ、自身初の本塁打王に向けても大きく前進した。

 大阪から札幌Dへの移動ゲーム。試合後の第一声は「空港でミヤビさんがフラペチーノをおごってくれたので、そのおかげやと思います」だった。「ラオウも一緒にいいよ」と細やかな気配りをしたのは、第3捕手としてこの日登録された松井雅。恩返しの一発で、チームの流れも変えた。

 前日まで1分けを挟んだ3連敗中の総得点は6。大看板の吉田正が離脱した影響が如実に出ていた。「みんなでどうすれば勝てるか、を考える野球が今はすごく楽しい。僕は楽しもうと思っています」。16日からロッテが連敗し、オリックスが1勝1分け以上なら17日にもマジック4が点灯。ライバル球団もサヨナラ勝ちを収めたが、前向きな4番が支えてくれるはずだ。

 5試合ぶりの白星で可能性を広げた。「一つ勝ってあしたに行けるのは非常に大きい」とうなずいたのは中嶋監督。主力の負傷はもうご免とばかりに、8回に福田が右足に死球を受けると相手ベンチへ鋭い視線も送った。残り6試合。一戦必勝を実行した先に、25年ぶりの頂点があると信じる。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×