【巨人】戸郷翔征はシーズン最終登板の可能性も 次週登板に宮本コーチ「不明。自ら流してしまった」

スポーツ報知
6回無死、マウンドを降りる戸郷翔征

◆JERAセ・リーグ ヤクルト8―7巨人(15日・神宮)

 巨人の戸郷翔征投手が、6回途中4失点で降板。この日の試合がシーズン最終登板になる可能性があることを宮本コーチが明かした。

 残る試合は5試合。日程的には中7日で23日のヤクルト戦(東京D)、中8日でシーズン最終戦の同戦(神宮)の可能性が残っているが「それ(次の登板)はまだ不明です。最終戦、行くか行かないかくらい。(最多勝争いをしている)優貴のこともありますから。2ケタ勝たしてやりたいっていう親心はあるんだけど、自ら流してしまったっていうのはあるんじゃないですかね」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請