村上茉愛、18日開幕世界選手権での引退示唆「最後かなぁと思いながら演技する」

スポーツ報知

 体操の世界選手権は18日から福岡・北九州市で開幕する。15日は会場で公式練習が行われ、女子で東京五輪の種目別床運動銅メダリスト・村上茉愛(日体ク)が今大会での引退を示唆した。

 練習後、オンライン取材に応じ「世界選手権を最後かなぁと思いながら演技する。(東京五輪が)無観客だったのがやっぱり、唯一の心残りというか、そういうのがあったので、有観客で試合がある以上、最後みなさんに最高の演技を見て欲しい思いがある」と話した。

 今月上旬の試技会で左足首を負傷。「まともに歩けている状態ではないくらい結構大きなけがだった」というが、「やっと通せるところまで死ぬ気で戻してきた」という。今大会は床運動と平均台の2種目にエントリーし、「結果は全然気にしてないので、どんな演技でも、予選通過しなくても、自分が納得いく演技だったらそれでいいと思っている。五輪に近いような演技をきちんとして、見てもらいたいな、応援してもらいたいなと思って今回は挑もうと思う」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請