浜寺、シビれる投手戦制し優勝!…第30回記念南大阪大会

スポーツ報知
優勝し笑顔の浜寺ナイン

◆第30回記念南大阪大会 ◇中学生の部▽決勝 浜寺ボーイズ2-1住吉ボーイズ(9日・太子グラウンド)

 「第30回記念南大阪大会」は浜寺ボーイズがV。ホストの住吉ボーイズは準優勝、同じく西成ボーイズ(いずれも大阪南支部)は4強で涙をのんだ。

 シビれる投手戦を制したのは浜寺だった。初回2死満塁から奥田が左前へ先制打。その裏に同点に追いつかれたが、3回には無死二塁から、再び奥田が相手ミスを誘う一打を放った。投げては先発・中野が初回に1失点も、2回以降は1安打投球。結果的に、3回の貴重な1点が決勝点となった。

 2年生ながらエースを務める中野は「持ち味の勝ち気の投球が出せたので、自信になった。先輩らと優勝でき、うれしい」と満面の笑み。まだ残っているホストの浜寺大会でも、3年生ナインに“有終の美”をプレゼントする。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請