【ソフトバンク】リーグ戦の登板は2試合のみ。5位指名の東北福祉大・大竹風雅投手は「1軍に上がって、抑える姿を見せたい」

スポーツ報知
ともにプロでの活躍を誓った東北福祉大・大竹(右)と三浦

 ソフトバンクから5位で指名された東北福祉大の大竹風雅投手(22)と、同育成4位で指名された同大の三浦瑞樹投手(22)が15日、宮城県仙台市内の同校で、福山龍太郎アマスカウトチーフ、作山和英アマスカウトチーフ補佐から指名あいさつを受けた。

 福島県出身の大竹は、光南(福島)を経て東北福祉大に進学。仙台六大学リーグでは今季の春終了時点で通算2試合(計2回)に登板し0勝0敗。

 光南時代は主に内野手。東北福祉大進学後、本格的に投手へ転向した。ただ昨年、右肘のクリーニング手術を行ったこともあり、リーグ戦の登板2試合のみ。だが、今春のオープン戦などでは最速150キロをマーク。今は右肘の状態にも問題はないという。

 大竹は「まだ実感はないが、ソフトバンクの帽子が似合うような選手になりたい。プロにいったら、自分の仕事がしっかりできるような信頼される投手になりたい。与えられた登板を、しっかりできたら。1軍に上がって抑える姿を見せたい」と意欲を語った。

 神奈川県出身の三浦は、盛岡大付(岩手)で春夏連続甲子園8強メンバー。仙台六大学リーグは今季の春終了時点で26試合(計90回1/3)に登板して10勝0敗、防御率1・10。三浦は「ソフトバンクは、投手力がすごくいいチーム。自分もその中に入れるように、やっていかないといけない」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請