【秋華賞】オークス馬ユーバーレーベンは6枠11番 手塚師「極端な枠じゃなければ」

スポーツ報知
オークスに続く2冠を狙うユーバーレーベン

 第26回秋華賞・G1(10月17日、阪神・芝2000メートル)の枠順抽選が15日行われ、オークスを勝ったユーバーレーベン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎、父ゴールドシップ)は6枠11番となった。

 この日は美浦・南の角馬場で体をほぐし、坂路を67秒4ー15秒8で登坂。「極端な枠じゃなければ」と手塚調教師は話していたが、11番枠に「奇数偶数も関係ないし、ユーバーレーベンよりも外の馬が前にいきそうなので、馬群がばらけてくれれば」と展開を予想した。オークス後には左前脚の屈腱周囲炎を発症したが、ラスト1冠に間に合った。状態は問題なく、「後は雨がじゃんじゃん降ってくれれば」と雨の阪神決戦を歓迎していた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請