【楽天】2位指名、愛知大のゴジラ・安田悠馬に、山田スカウト「どこの方向でもホームランを突き刺せる」

スポーツ報知
楽天からドラフト2位指名を受けた愛知大・安田悠馬(球団提供)

 楽天からドラフト2位指名された愛知大・安田悠馬捕手(21)が14日、「正捕手奪取」「50本塁打」「エース撃ち」の三大公約を掲げた。名古屋市内の同校で指名あいさつを受けた和製大砲候補は、「4番・捕手のポジション、打順を打てる選手になっていきたい。ホームランを50本打ちたい。50本だけでなく日本記録も超していきたい」と大きな野望を口にした。

 大学3年の頃から筋トレに目覚め、体重は「15~20キロくらい増えた」。185センチ、105キロとがっちりした体格でベンチプレスは150キロを上げる。巨人、米大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(47)=ヤンキースGM特別アドバイザー=の打撃を参考にし、大学通算32本塁打をマークしたパワフルな打撃が一番の売りだ。

 「ゴジラ」の異名を持つ逸材について山田スカウトは「最大の魅力はパンチ力。並外れたパワー。どこの方向でもホームランを突き刺せる」と証言。「初めて見た時に『ゴジラだ!』と顔を見て思った。そんな強烈を印象を受けた。松井秀喜選手のような、スケールの大きな、国民から愛される打者になってほしい」と期待を寄せた。

 1年秋のリーグ戦では現広島で東京五輪金メダルを獲得した栗林から一発を放った“大物食い”の予感も漂う。対戦したい投手にソフトバンク・千賀とオリックス・山本の名を挙げ「ホームランを打ちたい」と球界のエース撃破をもくろんだ。

 一塁と外野も守れ、打撃を生かしてコンバートも検討されるが、「まずは捕手としてやっていくのが希望」とキッパリ。炭谷、太田らとの正捕手争いに挑む覚悟を示した。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請