【秋華賞】阪神2000メートル重賞の絶好枠3番にクールキャット 奥村武師「味方に」

スポーツ報知
阪神2000メートル重賞の好枠を得たクールキャット

 第26回秋華賞・G1(10月17日、阪神・芝2000メートル)の枠順抽選が15日行われ、春にフローラSを制したクールキャット(牝3歳、美浦・奥村武厩舎、父スクリーンヒーロー)は2枠3番に入った。

 この日は朝6時に美浦・南の角馬場に入り、その後は坂路に移動。4ハロンを66秒4ー16秒4でリラックスした雰囲気で上がった。阪神の直近10年の芝2000メートルの重賞計40戦で最多の7勝を誇る3番枠をゲット。奥村武調教師は「与えられた枠でやるしかないですね。(阪神2000メートルで3番が直近10年の重賞で7勝は)それを味方につけていければいいですね。隣を走る馬(4番のソダシ)がいるので、内にいても進路ができそうなのはいいですね」と前を向いた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請