テレ朝「モーニングショー」兵庫の小学校で児童に暴言を放つ男性教師の音声を放送…羽鳥慎一アナ「教師の言葉遣いではない」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は15日、兵庫県内の公立小学校で男性教師が連日、児童へ暴言を放っていることを報じた。

 今回の問題は、視聴者から番組へ「小学校に子供が通っていますが、担任の先生が毎日キレるというので、学校に聞いてもよく分からず、意を決してボイスレコーダーを持って行かせたところ、たった1日でひどい暴言が確認できました」とのメールで発覚した。この投稿を元に番組では、児童を怒鳴る音声を入手した。

 音声は9月24日の5年生の給食時間でカレーうどんの量を調整していた教師は、女子児童が教師に量を減らすようにお願いした際に児童が「(カレーを)飛ばさんとってください」というと「ほな自分でやれ。先生、一生懸命働いとるんや」などと命じると「何でそんなん言うの?めっちゃ傷ついたわ。先生、一生懸命あんたらのために…何あのさっきの言い方。なんや、コラ!あぁ~ん、先生がニコニコしとったら、それを」と怒鳴りつけ「もっと離れろ!どの口が言うてんねや」、「いらんのやったら食うな!それだけや!」などと大声を張り上げていた。

 番組の取材では、この時教師から児童への暴力はなかったが暴言に驚き女子児童は鼻血を出したという。この男性教師は、前任者の辞職に伴い9月1日に赴任したばかりの臨時講師で、赴任して2日目から暴言が始まったという。番組は複数の児童を取材し「机をバーンとかやったり、物音立てたりして脅して」、「毎日のように怒るから学校に行くのがしんどい」などと証言した。

 この問題を受け、保護者は学校に相談したが対応せず、市の教育委員会に相談すると学校側は急きょ、保護者説明会を開いたという。その席上で校長が「行き過ぎた指導だった」と謝罪。市の教育委員会が男性教師を口頭で注意し「子供に謝りたい」と反省。体調不良を理由に休養を申し出て退職願を提出したと番組は報じた。

 スタジオでは、この男性教師について現在、兵庫県教育委員会が調査し懲戒の対象となる可能性があると伝えた。司会の羽鳥慎一アナウンサーは、この教師の暴言に「教師の言葉遣いではないですね」と断じていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請