ア・リーグ優勝決定シリーズ開幕前日に両軍がヒューストンで練習

スポーツ報知
レッドソックス・コーラ監督(ロイター)

 ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズは15日(日本時間16日)、アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで開幕する。前日の14日は両軍が当地で練習。この日、現地入りしたレッドソックスは、コーラ監督が記者会見に臨み、「これは7試合のシリーズ。総力戦だ。相手は才能あふれる素晴らしいチーム。相手より早く4勝したい」と意気込んだ。日本人で唯一、ポストシーズン進出を果たし、ここまでワイルドカードゲームと地区シリーズでは登録を外れた沢村拓一投手のロースター入りにも期待が掛かる。コーラ監督は、「26人を選ぶ作業は、最終的な段階に近づいている。選手にも伝えないといけないし、明日(15日)の朝には分かる」と語った。

 第1戦はレッドソックスは、トミー・ジョン手術から8月に復帰し、今季5勝1敗、防御率3・16のセールが先発。アストロズは今季11勝6敗、防御率3・14のバルデスが先発する左腕対決だ。セールは、公式戦最終戦(9月28日)のオリオールズ戦で復帰後初黒星。地区シリーズ第2戦で1回5失点と不振が続いた。「2試合連続で自己最悪の内容だった。コーチやチームメートにアドバイスを受けながら、修正してきた。監督の信頼に応えたい」と、力を込めた。

 ◆アストロズ・ベイカー監督「去年も、ここまで来たが、今年ほど盛大ではなかった。(コロナ禍から)野球がほぼ正常な状態に戻って、本拠地で開幕できることは素晴らしい機会だ。怪我人の状態を吟味しつつ、ベストなロースターを組みたい」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請