【大学野球】中日ドラ2駒大・鵜飼航丞 指名御礼弾!米村スカウト「飛距離なら佐藤輝明より上」

スポーツ報知
7回2死二塁、左越えに勝ち越し2ランを放つ駒大・鵜飼(カメラ・泉 貫太)

◆東都大学野球秋季リーグ戦第4週第2日▽駒大6―4青学大(14日・神宮)

 駒大は、中日からドラフト2位で指名された4番指名打者の鵜飼航丞外野手(4年)が同点の7回2死二塁で左翼席へ決勝アーチを放ち、青学大を下した。亜大は、阪神5位の岡留英貴投手(4年)がリーグ戦初完投勝利を挙げた。中大は6敗目を喫し、優勝の可能性が消滅した。

 インコースの直球に詰まっていた。それでも鵜飼の打球は高く舞い上がり、スタンドへと飛んでいく。「入らないと思ったけれど、入ってくれました」。182センチ、100キロの巨体を揺らしベースを一周。大学球界屈指のパワーヒッターが、その真価を見せつけた。

 リーグ戦トップタイの3本目のアーチ。通算本塁打数を2ケタの10本とした。「間合いをゆったり取ることで、ボールを長く見られるようになりました。(ホームランは)これまで打ったことのないコース。成長できたのかなと思います」と表情を緩めた。

 「広いバンテリンドームでも30本打てる可能性がある。飛距離なら佐藤輝明選手(阪神)より上でしょう」と米村アマスカウトチーフは評する。愛知・名古屋市生まれで「実家からドームまでは、自転車で10~15分なんです」。地元の中の地元の“アーチスト”として、ファンに愛される存在になりそうだ。(浜木 俊介)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請