仲野太賀、今度は松尾諭になりきる…以前は山里亮太を演じ「似ている」と評判

スポーツ報知
記者会見に出席した(左から)伊藤沙莉、仲野太賀、草ナギ剛、松尾諭

 俳優の仲野太賀(28)が14日、都内で動画配信サービス「ディズニープラス」のラインアップ発表会に出席し、俳優・松尾諭(45)のエッセーを映像化したドラマ「拾われた男」に主演することを発表した。

 1枚の航空券を拾ったことから始まる俳優人生を描いたコメディー。松尾役を演じる仲野は「松尾さん、いや、松尾先生の素晴らしい物語はささやかな日常から数奇な人生が描かれる。怒られないように頑張ります」と冗談交じりに意気込みを語ると、同席した松尾は「自分の作品が映像化されて正直、浮かれています。太賀くんは素晴らしい俳優さんなので、自由気ままに演じていただければ」とエールを送った。

 仲野は南海キャンディーズ・山里亮太が自身を主人公に描いた妄想小説をドラマ化したテレ東系「あのコの夢を見たんです。」(20年)でも山里役で主演し、「似ている」と評判だった。

 タイトルにちなみ、仲野は「今の事務所に拾ってもらった」と告白。「13歳くらいの頃、親(中野英雄)のツテでオーディションを受けたら、決まらなくて。林遣都くんの主演映画のオーディションを受けて、林くんのマネジャーさんに『事務所に入れて下さい』とお願いしました」と明かした。

 共演は草ナギ剛(47)、伊藤沙莉(27)ら。「ディズニープラス」で来年初夏以降の配信を予定している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請