【楽天】同点許したオコエ瑠偉の送球ミスは「野選と失策」 公式記録に書き込まれた「雑記」

スポーツ報知
オコエ瑠偉

◆パ・リーグ ソフトバンク6―5楽天(14日・楽天生命)

楽天は3点リードの8回、4番手の安楽智大投手が2死満塁でソフトバンクの4番・柳田に中前2点適時打を浴びると、中堅手のオコエ瑠偉外野手の送球ミスで一塁走者まで生還して同点に。なお2死二塁から代打・川島の適時三塁打で勝ち越しを許し、痛恨の黒星を喫した。

 オコエのプレーに、公式記録員が下したジャッジは「野選と失策」だった。試合後に配布された公式記録には、欄外の「雑記」欄に「野選」について「CF(中堅手)がボールを持ち過ぎたのを利して、三塁からホームイン」と書かれていた。打球を捕ったオコエが送球先に迷ったことで、三塁に止まるはずだった一塁走者が生還したとの判断。さらに中途半端な送球が内野のファウルグラウンドまで転がり、打者走者の柳田が二塁まで進んだことに対して「失策=悪送球」が記録された。

 試合後、楽天の岡田幸文外野守備走塁コーチは、問題のプレーについて「あの場面は一塁ランナーを返さない守備体型だったので、中継に確実につないでおけば一塁ランナーはかえっていなかったところ、そこが乱れて一塁ランナーがかえってしまったので、チームとしてもそこをもう一度確認し、徹底していきたいと思います」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請