バレー日本新監督就任承認、男子はフィリップ・ブラン氏、女子は真鍋政義氏

スポーツ報知
真鍋政義氏

 日本バレーボール協会は14日、理事会を開き、日本代表新監督に男子はフィリップ・ブラン氏(61)、女子は真鍋政義氏(58)の就任を承認した。ともに任期は24年パリ五輪まで。

 ブラン氏は、17年から男子前監督の中垣内祐一氏(53)の下でコーチを務め、東京五輪では29年ぶりの準々決勝進出に貢献した。真鍋氏は、12年ロンドン五輪で女子代表を銅メダルに導いた。東京五輪で1次リーグ敗退となった再建を任された格好だ。Vリーグ監督の多くの支持を得て、再登板となった。

 ◆フィリップ・ブラン(Philippe Blain)1960年5月20日、フランス・モンペリエ生まれ。61歳。フランス代表で自国開催の86年世界選手権最優秀選手。88年ソウル五輪8位。91年に引退し、指導者に。2001~12年までフランス代表、13~16年にポーランド代表コーチ。17年から日本代表コーチ。193センチ。

 ◆真鍋 政義(まなべ・まさよし)1963年8月21日、兵庫・姫路市生まれ。58歳。日本代表セッターとして、88年ソウル五輪などに出場。2005年に現役引退し、久光製薬監督を経て、08年12月に日本女子代表監督に就任。12年ロンドン五輪で銅メダル獲得に貢献。5位に終わった16年リオ五輪後に退任。Vリーグのヴィクトリーナ姫路の球団オーナーを務めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請