横浜銀蝿、「夜露死苦!」期間限定再結集のファイナルツアー開幕 還暦でも全19曲バリバリ

スポーツ報知
ファイナルツアーをスタートさせた横浜銀蝿40th(カメラ・森田 俊弥)

 80年代日本のロックンロールシーンを沸かせ昨年、期間限定で再集結した4人組バンド「横浜銀蝿40th」が14日、東京・LINE CUBE SHIBUYAでファイナルコンサートツアー「バハハ~イ集会『昭和魂 永遠!』」をスタートした。

 渋谷が昭和にタイムスリップした。リーゼント、革ジャン…80年代の不良を思わせるスタイルに身を包んだファンも駆けつける中、ボーカル・翔(63)は「初日から全開で行くぜ!」といきなり“戦闘モード”。「みんなと楽しい2時間を過ごしたいので、夜露死苦!」。代表曲「ツッパリHigh School Rock’n Roll」から新曲まで全19曲、熱狂の渦を巻き起こした。

 翔の実兄でドラムの嵐(66)をリーダーに79年に結成。83年の解散まで3年3か月の活動でレコード378万枚を売り上げた。40周年を迎えた昨年、1年間限定で解散以来初めてオリジナルメンバー4人がそろって活動をする予定だったが、コロナ禍でライブができず、活動期間を1年延期した。

 緊急事態宣言中には、ベース・TAKU(61)が「ツッパリHigh School Rock’n Roll(在宅自粛編)」を制作し、96万回再生を突破。今春には延期したライブハウス・Zeppでのツアーの開催、9月にアルバム「ぶっちぎり249」を発売するなど、2年間を全力で駆け抜けた。

 子どもの誕生を機にキングレコードに就職し、表舞台から離れたギター・Johnny(63)は、Zeppツアー初日に息子が訪れたことを告白。「『オヤジかっこよかったよ』って。裏方として音楽を売れる、売れないじゃなく、『かっこいいだろ、餓鬼共!』とできたことが幸せ」

 メンバー全員が還暦を超えたが、「もしかしたら50周年をやるかもしれないけど、先のことは分からない。とにかく健康でいようね」と誓い合った。活動終了の12月31日まで、4人はぶっちぎり続ける。

 ◆横浜銀蝿40周年+1年の歩み

 ▼79年9月21日 ボーカル・翔、ギター・Johnny、ベース・TAKU、ドラム・嵐で結成

 ▼80年9月21日 シングル「横須賀Baby」、アルバム「ぶっちぎり」、カセット「ぶっちぎり」を同時発売

 ▼81年1月12日 「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」を発売

 ▼1月26日 フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」初出演

 ▼2月16日 アルバム「ぶっちぎり2」がオリコンアルバムレコード売り上げ部門で1位を獲得

 ▼2月19日 TBS系「ザ・ベストテン」初出演

 ▼5月30日 日本テレビ系ドラマ「池中玄太80キロ」でコンサートの模様を放送

 ▼9月7日 初の日本武道館コンサート開催

 ▼82年3月16日 日本武道館公演を満タンに

 ▼11月1日 「あせかきベソかきRock’n Roll run」がシングル売り上げ1位を獲得

 ▼12月31日 銀蝿一家として日本レコード大賞特別賞受賞

 ▼83年12月31日 新宿コマ劇場でラストコンサート

 ▼88年 Johnnyがキングレコードに就職

 ▼04年4月 嵐が小脳梗塞(こうそく)のため緊急手術を受ける

 ▼19年9月9日 オリジナルメンバー4人による1年限定での復活を発表

 ▼20年2月19日 オリジナル&ベストアルバム「ぶっちぎりアゲイン」発売

 ▼21年3月17日 デジタルシングル「逢いたくて逢いたい」を発売

 ▼4月~6月 Zeppツアーを開催

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請