【西武】平良海馬がパ・リーグ初の20セーブ&20ホールドを達成「素直にうれしいという気持ち」

スポーツ報知
9回から登板する平良海馬

◆日本ハム0―3西武(14日・札幌D)

 西武・平良海馬投手が20セーブをマークした。パ・リーグでセーブ、ホールドともに20を記録した投手は初めて(セ・リーグでは11年に当時の巨人・久保裕也が20セーブ&21ホールドを記録)。「(セーブは)素直にうれしいという気持ちですが、どちらかというとラッキーだったという方が強いです」と喜びを口にした。

 9回は無失点で切り抜けたものの2死三塁のピンチをつくり、「力でねじ伏せようとしてしまったので、変化球をもっと効果的に使う投球をしていかないとダメだと感じました」と反省。若き守護神は満足することなくさらに上を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請