馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【秋華賞】レース初の1勝馬Vへ アールドヴィーヴル、雨は大歓迎

初の1勝馬による秋華賞制覇が視界に入ってきたアールドヴィーヴル
初の1勝馬による秋華賞制覇が視界に入ってきたアールドヴィーヴル

◆第26回秋華賞・G1(10月17日、阪神・芝2000メートル)

 第26回秋華賞・G1の出走馬が14日、確定した。一方、日曜日は降雨の可能性が高まってきた。そこで浮上してくるのが1勝馬アールドヴィーヴル。湿った馬場で怖い存在だ。枠順は15日に決定する。

 雨を味方に秋華賞初の1勝馬によるVへ。アールドヴィーヴルは良馬場で行われたクラシック2戦はともに5着だが、不良馬場のデビュー戦を勝ち切っただけに予報の傘マークは大歓迎。今野調教師は「強い気持ちのある馬で、馬場や流れが向けば確実に伸びてきます。春は5着が精いっぱいだったけど、成長と上積みがありますからね」と絶好の感触をつかんでいる。

 夏を越して心身ともにパワーアップ。前走のローズSでは直線で力強く脚を伸ばして3着になり、優先出走権を手にした。5戦のうち桜花賞以外の4戦に騎乗し、今回もコンビを組む松山。昨年はデアリングタクトで牝馬3冠を達成した。勝てばジョッキーでは史上4人目の秋華賞連覇となるが、松山は「連覇は特に意識していません。春と比べると体が大きくなって力強さが出て、前哨戦としてはいい内容でした。メンバーは強いけど、楽しみです」と気負いはない。

 水曜の最終追い切りでは栗東・坂路を単走で力みなく進んで55秒5―12秒6。その翌日の14日は軽い運動で体をほぐした。開業10年目での重賞初勝利をG1で目指すトレーナーは「反動はなく順調。初めての中3週ですが、不安なく調整できているのは成長したからでしょう。内臓面などの中身、体質が強くなりました。仕上がりが良く、過去に負けた相手たちを逆転したいです」と大きな期待。

 春の悔しさを晴らし、待望の2勝目を大舞台で勝ち取ってみせる。(内尾 篤嗣)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請