【WWE日本人スーパースター情報(10月14日)】KUSHIDA、イケメン二郎、サレイ、紫雷イオ

スポーツ報知
KUSHIDA㊨©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆KUSHIDAがイケメン二郎の救出に現れるもダイヤモンド・マインが返り討ち!

 WWE「NXT」が日本時間14日に配信された。

 KUSHIDAが試合に敗れて暴行を受けるイケメン二郎の救出に現れるもダイヤモンド・マインが返り討ちにした。ハチマンらダイヤモンド・マインが新メンバーのアイビー・ナイルのデビュー戦勝利を祝っているとそこへイケメン二郎が現れた。イケメン二郎はNXTクルーザー級王座挑戦をアピールすると立ちはだかったジュリアス・クリードにジャケットパンチを叩き込んで2人のシングル戦に移行した。

 イケメン二郎はクリードのスープレックスやパワースラムを食らいながらもジャケットパンチ4連打やスプリングボード・ムーンサルトを決めたが、最後はジュリアスに捕まってマットに叩きつけられると強烈なクローズラインを食らって敗戦した。試合後にはイケメン二郎がダイヤモンド・マインに囲まれて暴行を受けるとKUSHIDAが救出に現れてクリード兄弟やロデリック・ストロングを蹴散らしたが、女性のアイビーには手を上げることができず、ストロングのエンド・オブ・ハートエイクを食らって撃沈した。

 返り討ちにされたイケメン二郎は「ああぁ~!!! KUSHIDAさんありがとう、そしてごめんなさい。次回は僕らでダイヤモンド・マインをぶっ潰す」と自身のツイッターに投稿するとハチマンは「Mr. KUSHIDA、復帰おめでとう」と皮肉な投稿をして挑発した。

◆サレイが屈辱のNXTタッグ戦2連敗で決意「強くなって戻ってくる」

 “太陽の戦士”サレイがアマリ・ミラーとタッグを組んで対戦したインディ・ハートウェル&ペルシャ・ピロッタに敗れてNXTタッグ戦2連敗となると「強くなって戻ってくる」と自身の決意をツイッターに投稿した。サレイは序盤からペルシャのスプラッシュやインディのクローズラインを食らうとターンバックルに叩きつけたインディに打撃を放って反撃したが、最後はアマリがインディのスプリングボード・エルボードロップを食らって黒星を喫した。先月の6人タッグ戦に続きNXTタッグ戦2連敗となったサレイは「強くなって戻ってくる」と自身の決意をツイッターに英語で投稿した。

◆王者・紫雷イオ&ゾーイがライバルと大乱闘!「ハロウィン・ハボック」の王座トリプルスレット戦へ

 NXT女子タッグ王者の紫雷イオ&ゾーイ・スタークが王座挑戦を表明したトキシック・アトラクションのジジ・ドリン&ジェイシー・ジェインやインディ・ハートウェル&ペルシャ・ピロッタとの乱闘を制すると「ハロウィン・ハボック」のNXT女子タッグ王座トリプルスレット戦が決定した。トキシック・アトラクションがリングに登場するとジジ&ジェイシーが「イオ&ゾーイがヒーローぶって私たちの楽しみの邪魔をした。私たちはNXTタッグ王座を狙っているし、イオたちの王座もハロウィン・ハボックで時間切れよ」と王座戦を要求した。さらにインディ&ペルシャがサレイ&アマリ・ミラーとの試合勝利後に「2人でNXT女子タッグ王座戦はどうだ」と王座挑戦をほのめかすとそこへ王者イオ&ゾーイが現れた。イオは「おいおいおい!ベラベラ喋ってんじゃねぇぞ!」と威圧するとインディ&ペルシャを指差しながら「お前のこと好きじゃねぇ」と言って挑発。続けてそこへジジ&ジェイシーも姿を現すと「お前たちなんてどうでもいい。タイトルが欲しいだけ」と言い放って3チーム入り乱れた乱闘に発展した。イオはジジやインディと激しく殴り合うと豪快なジャーマン・スープレックスでジジを投げ飛ばし、ゾーイもスピニング・ヒールキックでジェイシーを蹴散らして乱闘を制した。その後、イオがバックステージで「あいつらみんな好きじゃない」と苛立ちをみせるとゾーイも「私もだ。ハロウィン・ハボックで王座をかけてやる」と息巻いてNXT女子タッグ王座トリプルスレット戦が行われることが決定した。イオ&ゾーイ vs. ジジ&ジェイシー vs. インディ&ペルシャのNXT女子タッグ王座トリプルスレット戦が行われる「NXT:ハロウィン・ハボック」は日本時間10月28日にWWEネットワークで配信される。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請