英G1・2勝馬のポエティックフレアが社台スタリオンステーションで種牡馬入りへ

スポーツ報知
社台スタリオンステーション

 今年の英2000ギニー、セントジェームズパレスSの英G1を2勝したポエティックフレア(牡3歳、父ドーンアプローチ、アイルランド・ボルジャー厩舎)が、現役を引退して、来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが、10月14日までに明らかになった。海外メディアの「サラブレッドデイリーメディア」が報じた。

 同馬は主に芝のマイル前後で活躍して、父ドーンアプローチも現役時代には英2000ギニーなど英G1を4勝。サドラーズウェルズ系の流れを組む父系で、3代父には大種牡馬ガリレオがいるなど欧州が誇る主流血統を脈々と受け継いでいる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請