【広島】坂倉将吾、初の規定打席到達を祝う劇弾で9月度「スカパー!サヨナラ賞」初受賞

9月の月間「スカパー!サヨナラ賞」に選ばれた広島・坂倉将吾
9月の月間「スカパー!サヨナラ賞」に選ばれた広島・坂倉将吾

 広島の坂倉将吾捕手が、9月度の「スカパー!サヨナラ賞」に選出された。9月7日の中日戦(マツダ)で9回2死から4点差をひっくり返す劇的勝利を締めくくる逆転サヨナラ3ランを放った。自身初受賞で、チームでは昨年8月度の上本以来となる。「初めてなのでうれしく思いますし、何よりチームの勝ちに貢献できたことを第一にうれしく思います。ヒットで1点差という感じだったので、とにかく後ろにつなごうと思って打席に入りました」と振り返った。

 受賞をつかんだ一発は、難攻不落の竜守護神R・マルティネスから放った。西川、鈴木誠の連続適時打で2点差に迫り、なおも2死一、二塁からの劇弾。サヨナラ弾を放った前の第4打席ではレギュラーの証といえる規定打席にプロ5年目で初めて到達。チーム103試合目で打率リーグトップに躍り出た記念すべき日を、最後に自身初の2ケタ10号で彩りを添えた一発でもあった。

 その後に打率は一時、2割台にまで落ち込んだものの、復調して再び首位打者争いを繰り広げる。現時点でチームメイトの鈴木誠のリーグトップ3割1分9厘に3厘差で、2位の阪神・近本と2毛差の3位。「チーム内にいるということが、すごくいい相乗効果が生まれるんじゃないかなと思う。負けずに頑張りたい」と力を込めた。12、13日のDeNA戦(マツダ)は2試合連続無安打に終わったが、10月は11試合で38打数16安打で月間打率4割2分1厘と猛打を奮っている。

 シーズン残り10試合。チームは12日に今季2度目の最長タイの6連勝が止まったが「ケガがないようにシーズンを終わりたい。そこを第一に置きながら、ここ最近勝って、勝つことの喜びをまたしっかりかみしめてきたというか実感できている。もう一つ頑張って、多く勝てるように頑張りたい」とタイトル獲得に向けてもラストスパートをかける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請