【菊花賞】タイトルホルダーがWコース単走で1週前追い 陣営「折り合いが良かった」

スポーツ報知
のびのびと駆け抜けたタイトルホルダー

◆菊花賞・G1(10月24日、阪神・芝3000メートル)1週前追い切り(14日、美浦トレセン)

 前走のセントライト記念で13着に大敗していた皐月賞2着馬のタイトルホルダー(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が、Wコースでの週前追い切りで軽快な動きを見せた。単走で長めからゆったりと走り、直線では馬場の外めを伸び伸びと駆け抜けた。

 三浦助手は「折り合いは良かった。いい追い切りができました。予定通りの調整。状態は問題ない」と、休み明けを叩いて気配は良さそうだ。先行力が光るスタミナ自慢が、ラスト1冠へ順調に調整を進めていく。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請