【POG】19年札幌2歳S覇者ブラックホールの半妹ライラックが東京で初陣 相沢調教師「血統的にも期待」

スポーツ報知
東京でデビューするライラック

 先週の東京新馬戦で2勝を挙げ、2週連続で新馬Vを果たし勢いに乗る相沢厩舎が、今週も期待の1頭をターフに送り込む。

 19年札幌2歳Sを制したブラックホールの半妹ライラック(牝2歳、美浦・相沢郁厩舎、父オルフェーヴル)が、16日の東京・芝1800メートルでデビュー戦を迎える。

 9月中旬から美浦のコースと坂路で入念に調教を重ね、13日の最終追い切りでは、Wコース5ハロンから69秒9―11秒8をマーク。同じく今週デビューする牝馬のエメラルセシリア(2歳新馬)を追走したが、ラストは2馬身も突き放す抜群の動きを見せている。トレーナーは「血統的に期待しているし、これはいいですよ。兄とはタイプは違うけど、癖もないし、大人しいところは母に似ている。初戦から楽しみですね」と力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請