パワー半端ない!グレ40センチ…和歌山・日置

坂野さんが釣り上げたグレ40センチ。強烈な引きでやり取りを楽しませてくれた
坂野さんが釣り上げたグレ40センチ。強烈な引きでやり取りを楽しませてくれた

 7日、和歌山・西牟婁郡日置の磯へ行ってきました。午前5時過ぎに三倉渡船に到着。待合所で乗船名簿を記入しながら船長に状況を聞いてみると、まだ水温が26度もあって、どの磯にもコッパグレとチョウチョウウオが湧いているとのこと。お客さんも私ら2人。ちょっと複雑な気持ちで同6時出船しました。

 日置川河口より沖に出てみると、日置大島周辺は少し波気はあるものの良い感じに思えてきます。私らが目指すワニ島も好コンディションに思えてなりません。無事に渡礁完了したのですが、足場の悪さと海苔が付いて滑りやすく、移動にも四苦八苦しなが準備しました。

 そして、いよいよ釣り開始。磯際にシャクで数杯のまき餌をすると、下からチョウチョウウオがブヮーと浮上してきて、その周りにおびただしいほどのコッパグレが群がってきました。さすがにこれでは磯際は諦めるしかない…。

 1投目は約30メートル沖をウキ下1・5ヒロにして、ダイレクトに狙いました。磯際へのまき餌は打ち続け、ポイントへはまき餌を固まりにしてなるべく途中でこぼれないように投入するのがキモになります。

 数投しても刺し餌が取られっぱなしだったので、ウキ下を1ヒロと浅くして仕掛けを投入すると、スーッとウキが入って行きました。合わせると結構な重量感があるのですが、なんせ海水温がまだ26度と高く、魚のパワーは半端ないですね。釣れたこの33センチの尾長グレもどれだけデカイかと思ったほどでした。

 しかし、後が続かずに釣れる魚もサイズダウンしてきたのでパターン変更です。ウキのサイズを大きくして、ウキ下を更に浅くして半ヒロ。狙うポイントも40メートル沖へと遠投します。まき餌もしっかりと固めてシャクに4、5杯遠投して、そこへウキを正確に投入、再度まき餌というパターンなんですが、これが見事に正解! ウキがキレイに入って行きました。大きく合わせると強烈なパワーと締め込みで楽しませてくれたのは40センチ超の口太グレでした。同行者も良型を釣り上げダブルヒットです。

 このパターンで釣り続け、納竿の午後3時までの釣果はリリースサイズも交えながら32~40センチを11尾キープする事ができました。

 問い合わせは和歌山・日置の「三倉渡船」(090・7880・9993)へ。渡船代1人4000円。基本は奇数日だけの営業になるので要確認。

(幸釣会・坂野 貴之)

 ◇この日の餌 まき餌は生オキアミ12キロにマルキユーの「グレパワーV9(徳用)」と「爆寄せグレ」を各2袋、「超遠投グレ」1袋を混合。刺し餌は同社「くわせオキアミスーパーハード(M・L)」とボイルオキアミを使用した。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請