【日本ハム】清水優心 観戦した母の前で満塁弾「女神…とは言わないですけど」

スポーツ報知
7回2死満塁、左越え満塁本塁打を放ちナインとタッチを交わす清水

◆パ・リーグ 日本ハム10ー2西武(13日・札幌ドーム)

 6位の日本ハムは10―2で勝利し5位・西武とゲーム差がなくなった。今季5度目の2ケタ10得点。7回に清水優心捕手(25)が3年ぶり2本目の満塁弾を放ち試合を決めた。

 清水のグランドスラムで一挙7点の猛攻を仕上げた。7回1死満塁。2ボールから142キロの直球を狙い打った。左翼席に突き刺す4号。観戦した母・寛子さんの前で期待に応え「女神…とは言わないですけど(笑い)。いいところを見せられた」。18年5月3日楽天戦(札幌D)で辛島から放って以来、2本目の満塁弾に酔いしれた。

 刺激も入った。育成3位の柳川大晟(たいせい)投手(18)は九州国際大付の後輩。「同じ高校からプロに入ってくれてうれしかった。もっともっとしっかりしないといけない。バッテリーになる可能性もありますし、もっと頑張らないと」とさらなる成長を決意。栗山英樹監督(60)は「ああいうところ(長打力)はユウシらしい」と褒めつつ「まだ出来るはず」。14年ドラ2の大型捕手の伸びしろに期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請