【巨人記録室】27試合連続安打の松原聖弥、セ・リーグ初の育成ドラフト入団でシーズン規定打席到達

スポーツ報知
1回無死、右へ二塁打を放つ松原聖弥(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人2―2阪神(13日・東京ドーム)

 16年の育成ドラフト5位で入団した巨人・松原聖弥が、5打席で1安打。今年の打席数を445として、シーズンの規定打席(チーム試合数×3・1=今年は443)に到達した。

 育成ドラフトで入団後、シーズンの規定打席をクリアした打者は

  年度       打率

  11岡田幸文(ロ)・267

  12岡田幸文(ロ)・262

  19甲斐拓也(ソ)・260

  21甲斐拓也(ソ)・219

  〃松原聖弥(巨)・279

 3人目(5度目)。セでは松原が初めてになる。

 この日も第1打席に安打を放ち、9月11日の中日戦から続く安打を27試合に伸ばした。27試合以上の連続安打は、19年に27試合の西川(広)以来15人目、セ9人目(1リーグ1、パ5人)。巨人では76年に30試合の張本勲に次ぎ、08年に27試合のラミレスと並んで、2番目の記録になった。(阿部 大和)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請