【巨人】松原聖弥、27戦連続安打ラミレスに並んだ 球団初の育成出身で規定打席到達の勲章も

スポーツ報知
1回無死、右翼線に27試合連続安打となる二塁打を放つ松原(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ 巨人2―2阪神(13日・東京ドーム)

 追い求めてきた勲章を手にした。松原聖弥がこの試合の5打席で今季445打席とし、規定打席クリアが確定。「ひとつの目標にしていた数字だったので、到達できたことはうれしいです」。巨人では元祖・育成の星こと松本哲也(現2軍野手総合コーチ)を含め、育成出身の選手が規定打席に到達したことはなく、松原がその第1号となった。

 記録もさらに伸ばした。初回先頭での右翼線二塁打で27試合連続安打とし、08年のラミレスに並んで球団歴代2位。この一打が先取点の足がかりにもなった。だが、同点の9回2死二、三塁では三振に倒れ、サヨナラのチャンスを生かすことができず。「最後の大事な場面で結果を出せなかったことが、何より悔しいです」と反省を口にした。

DAZNでは伝統の一戦「巨人vs阪神」を全試合ライブ配信

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請