【中日】現役引退の藤井淳志「ドラゴンズのユニホームを着れたことは僕の誇り」仲間から4度胴上げ

スポーツ報知
引退セレモニーであいさつする藤井淳志

◆JERAセ・リーグ 中日1―3ヤクルト(13日・バンテリンドーム)

 今季限りで現役を引退する中日・藤井淳志外野手が「1番・右翼」で先発し、現役最後の試合に出場した。

 初回先頭の最後の打席では2ストライクから、外角直球を見逃した。際どいストライク判定に思わず「ワオ」と叫んだが、飾らない天真らんまんなプレースタイルを最後の最後まで貫き、グラウンドに別れを告げた。

 試合後は、山井とともに引退セレモニーも行われ、大島や祖父江、家族からも花束を受け取り、4度宙を舞った。スピーチでは「死球に始まり、見逃し三振に終わった16年間。中身は幸せだったように思います。自分らしくという言葉はよく言われますが、色々うまくいかなかったことも多かった気がします。長い間ドラゴンズのユニホームが着れたことは、本当に僕の誇りです」と感謝した。

 卓越した身体能力でファンを魅了した背番号4。すがすがしくユニホームを脱ぎ、第2の人生を歩み始める。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請