【西武】高橋光成7回途中7失点で降板「またやり返すことができるようにやっていきます」

スポーツ報知
7回1死二塁、連打を浴び交代を告げられた高橋光成

◆日本ハム10―2西武(13日・札幌D)

 西武・高橋光成が8敗目を喫した。1点を先制してもらった直後の2回、R・ロドリゲスに2点適時打を許して逆転されると、7回には4安打を許して途中降板。7失点に「何が何でも抑えなくてはならないところで点を取られてしまいました。(7回は)いけると思いましたし、責任を持って抑えなくてはならない場面でした。6回までは何とか粘り強く投げることができていましたが…」と悔しがった。残り9試合とあって先発する機会は少ないが「しっかり調整して、またやり返すことができるようにやっていきます」と巻き返しを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請