【巨人】山口俊、自己ワースト7連敗中…11戦ぶり勝利へ虎狩りだ

スポーツ報知
キャッチボールで調整する山口

 巨人の山口俊投手(34)が13日、先発する14日の阪神戦(東京D)へ向け調整した。同球場で入念なキャッチボールを行い、状態を確認した。7月7日の中日戦(東京D)を最後に勝利が遠ざかっており、自己ワーストの7連敗中。11試合ぶりの勝利を目指す。

 2日のDeNA戦(東京D)は右肘の違和感で登板回避。患部に問題はなく、予定通り登板した8日の広島戦(マツダ)では2回までに2点の援護を受けたが、2回に1死から3連続長短打を浴び、一瞬で同点とされた。5回は走者を残して降板。2番手の戸根も2本の適時打を許し、一挙4失点。山口は4回1/3を6失点で今季8敗目を喫した。

 チームの残り試合は7試合。山口の登板数も残りわずかという状態だ。19年の最多勝投手が底力を出し、意地を見せつけることができるか。

DAZNでは伝統の一戦「巨人vs阪神」を全試合ライブ配信

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請