輪島功一さんの孫・磯谷大心デビュー戦へ「ワクワク」祖父の助言必ず生かす

スポーツ報知
輪島功一さんの写真パネルの前でポーズを取る孫の磯谷大心(カメラ・谷口 隆俊)

 プロボクシング元WBA、WBC世界スーパーウエルター級王者・輪島功一さん(78)の孫・磯谷大心(たいしん、20)=輪島功一スポーツ=が14日、東京・後楽園ホールでプロデビューを果たす。13日には前日計量を一発クリア。祖父とは違う「打たせずに打つ」ボクシングが身上でも「狙えるならKOも」と“炎の男”と呼ばれた祖父譲りの熱い闘志で勝利を誓った。

 端正なマスクから飛び出す、力強い口調こそが“輪島魂”だ。「ワクワクしている。緊張もなく、今は楽しみ」。リモート取材で心境を語った磯谷。主戦場はウエルター級だが、今回は契約体重68・5キロとスーパーウエルター級相当。前日計量は68・4キロで、祖父と同じ階級デビューとなった。

 相手の羽賀彬光(DANGAN越谷)はデビュー戦ながら35歳と15も上。「若く見えました。経験もあるし、どんな相手か分からないけど、いろんなことを想定してやってきたので不安はない」。デビュー前から企業スポンサーがつくなど注目度抜群なのは、182センチと恵まれた体格、素質だけでなく、祖父が不屈の名ボクサーということであることも本人が一番分かっている。「祖父の試合はYouTubeで見ました。すごく変則的でなかなか見ない動きをする。リーチの短さを生かして、頭を使ったボクシングしている」と誰よりも偉大さを痛感しているのだ。

 試合2日前、輪島さんの長女で母・大子(ひろこ)さんに言われて祖父に会いに行った。「相手がガーッと来た時でも、ガードして固まったりしないで、ちゃんと動いて、相手をよく見ろ」と助言をもらった。サッカーと並行して高2からボクシングを始めた孫に、これまでも「朝は絶対に走れ」「体は常に動かせ」「呼吸は最初から深くすること」とアドバイスしてくれた。磯谷は「打たれずに打つ。見ている人が『絶対に勝てる』と思うような、安定した試合を見せたい」とカエル跳びパンチなど変則スタイルの祖父とは真逆のボクシングを目指すが、教えだけは忘れない。

 「まずは勝つことが一番。狙えるならKOも」。会場に駆けつける輪島さんの前で、磯谷は高々と右手を上げる決意だ。(谷口 隆俊)

 ◆磯谷 大心(いそたに・たいしん)2001年7月4日、東京・三鷹市生まれ。20歳。幼稚園から埼玉・正智深谷高まではサッカー選手でポジションはGK。ボクシングは祖父の影響と格闘漫画「グラップラー刃牙」を読んで「強くなりたい」と思い、高2から始めた。昨年10月にプロテスト合格。得意パンチはジャブ。身長182センチの右ボクサーファイター。血液型B。家族は両親と弟2人。父の和広トレーナーはスーパーウエルター級の元日本ランカー。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請