【仙ペン】まだまだ触れてはいけない

スポーツ報知
1回無死、松原聖弥が右翼線に二塁打を放つ(カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ 巨人2―2阪神(13日・東京ドーム)

 ついにV争いの崖っぷちから転落。崖の下のジャイアンツに追い打ちをかけるような悲報が届いた。我らが亀井、この期に及んで戦線離脱である。

 負傷したのは「左ふくらはぎ」。不穏だな。レギュラーシーズンはともかくとして問題はCS(行けるよね、巨人…)。カメ様抜きの短期決戦なんてあまり考えたくない。

 ここは早期復帰を祈るだけ。でも不振からの脱出もドラフトもそうだった。最近の巨人案件って祈ってばっかりで切なくなる。

 僕を含め外野は好き勝手なことばかり言うよ。やれ若手を使え、人事を何とかしろ、お前さんたちには意地がないのか、もっと覇気を出せ…。

 ホントは、みんな分かってるんだ。人生や勝負には我慢して待つしかない局面があるってことを。下手に動いたところで二重遭難するのがオチ。耐え難きを耐えて明日を信じる。巨人というチーム、それくらいの価値はあるはずだ。

 そんなわけで舌の根も乾かぬうちにアレだけど、情けないよね、吉川さん。内野ゴロでもサヨナラ機に空振り三振。どんな事情か知らんけど、ベンチスタートに甘んじていることからしてガッカリする。

 えっ「信じる」とか「我慢」とか「耐える」はどこへ行ったのかって? モノには限度というものがあるってことです。

 丸に復調の兆しが見えてきたらサカオカの失速が深刻なことに。救世主候補の梶谷は戻ってこないし、井納はどうした。フェニックス・リーグでKOって期待の若手じゃないんだから。

 もう巨人にはカメ…じゃなくて神も仏も宇宙人もいないのか。いや、菅野は踏ん張ってたぞ。もちろん昨シーズンの無双投球にはほど遠い。でも崩れそうで崩れない。新境地というか持続可能なエースの形を見せてくれた(気がする)。

 そして王さんを超えラミちゃんに並んだ、あの男がいるじゃないか。でも、まだ触れたくない。この手の記録って騒ぐと途切れるのが業界の「あるある」。とにかく、まずはCS出場権の確定を。あとは「背番号31」に一つでも多くの打席を回そうよ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請