【巨人】ドラ1翁田大勢がリリーフ希望を撤回!菅野智之以来となる新人10勝指令に「期待に応えたい」

スポーツ報知
巨人からの指名あいさつを終えた関西国際大学・翁田大勢は、色紙に「強気」と記し意気込んだ(カメラ・岩崎 龍一)

 巨人からドラフト1位で指名された関西国際大の翁田(おうた)大勢投手(22)が13日、1年目の目標に2ケタ勝利を掲げた。兵庫・三木市の同大学で大塚副代表らから指名あいさつを受け、先発としての活躍を期待された右腕。指名後、自身を「リリーフに向いている」と分析していたが、「期待に応えられるように頑張りたい」と宣言。チームでは13年の菅野以来となる新人2ケタ勝利に照準を合わせた。

 緊張感でいっぱいだった翁田の表情が、大塚副代表の言葉で一変した。「リリーフ希望ということだけど、ローテーションに入ってもらって先発に回ってもらいたい。最低でも2ケタ(勝利)、そういう期待で指名させていただきました」。原監督がドラフト会議時に着用した直筆サイン入りパスを首にかけられ、背筋をピンと伸ばした右腕は「期待に沿えるように頑張るだけです」と引き締まった表情で決意表明した。

 憧れは大学の先輩でロッテの守護神を務める益田。翁田は自身を「リリーフに向いている」と分析し、そのポジションを希望していたが球団の見解は違った。「最初からリリーフというのは考えてない。星勘定ができる投手がいないので、もう(先発の)3番目、4番目に入れるのかなと思います」と大塚副代表。球団の測定によると、球の回転数はメジャーの平均を上回り、ダルビッシュや上原並みの本格派右腕を高く評価した。先発指令を受けた翁田は、「読売巨人軍のドラフト1位に求められているものはすごく大きいという自覚はあった。先発として10勝、2ケタ以上勝ってほしいという期待に沿える活躍ができるように頑張りたいです」と力を込めた。

 プロへの切符をつかむまでの道のりは、順風満帆ではなかった。兵庫・西脇工ではプロ志望届を提出したが、指名漏れ。3年秋には右肘炎症。今春は右肘疲労骨折もあったが、リハビリ期間に筋肉の使い方や投球フォームを見直した。「パーソナルトレーナーの方と一緒にけがをしない体作り、けがをしにくいフォームを目標にトレーニングした結果、球速も伸びました」。スリークオーター気味のフォームから繰り出される速球を中心に、9月19日の大産大戦では、延長10回188球を投げ切った。自己最速を4キロも更新する157キロをマーク。けがに苦しんだ右腕は完全復活し、最後の1球は150キロを計測するなど、スタミナ面にも問題はない。

 新人で2ケタ勝利となれば、13年の菅野以来。快挙へ向けて、現在は決め球のフォーク、チェンジアップ、スライダーに続く武器としてツーシームとシュートの習得に励んでいる。「ストレートと落ちる変化球には自信がありますけど、長いイニングを投げるとなったら、ツーシームやシュートも再現性を上げていったら武器になる。投手としてまだ完成してないので、フォームの安定だったり、変化球の質、再現性を伸ばしていきたい」。頼もしいエース候補が、大きな夢を抱き一歩目を歩みだした。(灰原 万由)

 ◆巨人今季ローテ事情 菅野が開幕投手を務めたが、脚部の違和感で登録抹消。残る5枠は戸郷、今村、サンチェス、井納、高橋だったが、終盤までローテを守っているのは戸郷と高橋のみ。6月に復帰したメルセデス、6月中旬に途中加入した山口、4度の抹消を経て復活した菅野の5人で回している。プロ初勝利を目指した横川、直江はローテをつかめなかった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請