中野幹士、藤田健児が米デビュー  今月29日にフロリダ州キシミーで

スポーツ報知
中野幹士

 プロボクシングの帝拳ジムは13日、中野幹士と藤田健児の次戦が10月29日、米国フロリダ州キシミーのシルバー・スパーズ・アリーナで行われることになったと発表した。中野は8回戦、藤田は6回戦で、ともに相手は未定。戦績は中野が5戦全勝(4KO)、藤田が1勝(1KO)。

 プロでは初となる海外のリングに上がることが決まった中野は同ジムの公式サイトで「はじめにこのような機会を与えてくださった会長、マネジャー、ジムの関係者の皆さんに感謝です!!急に決まったんですが、減量も問題ないし、後は当日ベストでリングに上がれるように調整していくだけです!!色んな意味で全ていい経験になると思っています!応援よろしくお願いします!」とコメント。アマ68勝(48KO・RSC)9敗で7冠を獲得した逸材は昨年12月、プロ5戦目で初のメインイベントを務めてデビューからの連勝を伸ばしている。

 今年3月にプロデビュー戦を6回TKO勝ちで決めたアマ10冠の藤田も「このコロナ禍で本場アメリカの舞台で試合をさせていただけること本当にうれしく思います。今回のテーマはとにかくインパクト!!!KENJI FUJITAを全米に見せつけられるよう頑張って来ます!!!」と意気込んでいる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請