【ヤクルト】緊急降板のサイスニードは「足の張り」 高津監督「いける感じだったがやめとけと」

スポーツ報知
6回途中、治療のためベンチに戻るサイスニード(右端)

 ◆JERAセ・リーグ 中日1―3ヤクルト(13日・バンテリンドーム)

 ヤクルトのサイスニード投手が、先発した中日戦の6回に緊急降板した。

 5回まで2安打1失点の好投を見せていたが、2点リードの6回に先頭の渡辺に四球を与えた直後、伊藤投手コーチやトレーナーがマウンドに駆けつけ、ベンチ裏へと下がると高津監督が交代を告げた。

 試合後、指揮官は「ちょっと足に張りが出たということだったので。本人はいける感じだったが、やめとけと(言った)」と説明。右腕は試合後、歩いて球場を後にしており大事には至っていないもようだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請