【ヤクルト】村上宗隆の39号2ラン、サンタナの来日初の適時三塁打などで勝利

スポーツ報知
4回1死、村上宗隆が右前安打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日1―3ヤクルト(13日・バンテリンドーム)

 ヤクルトは逆転で中日に勝利し、貯金を今季最多タイの「23」とした。

 1点を追う5回無死一塁からサンタナが右翼線へ来日初の三塁打となる適時打を放って同点に追い付くと、6回には1死一塁から村上が左中間席へ勝ち越しの39号2ランを放ち、これが決勝点となった。

 先発のサイスニードは、6回先頭に四球を与えたところで何らかのアクシデントを訴えて緊急降板。それでも緊急登板となった2番手・大西がこの回を無失点に封じ、7回以降は石山―田口―マクガフとつないで勝ちきった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請