【阪神】近本光司、今季14度目の猛打賞 3年目で自己最多更新 最多安打争い独走

スポーツ報知
8回無死、左前安打を放つ近本光司(投手・中川皓太、捕手・大城卓三)

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(13日・東京D)

 阪神・近本光司外野手が、3年目で自己最多となる14度目の猛打賞をマークした。

 背中の張りで大山が欠場する影響もあり、9月3日の巨人戦(甲子園)以来、今季2度目の3番スタメン。それでも、初回、3回と菅野から2打席連続安打を放つと、8回先頭では左腕・中川の初球を左前に運んだ。

 2試合連続の猛打賞で1年目と2年目の13度を抜き、自己最多を更新した。リーグ最多の安打数は173本まで伸ばした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請