田中あいみ、デビュー曲をお披露目 ハスキーボイスは細川たかしも太鼓判

スポーツ報知
オンラインデビューコンベンションを開催した田中あいみ

 11月10日にデビューを迎える、現役大学生で歌手・田中あいみが13日、都内から「オンラインデビューコンベンション」を生配信し、デビュー曲「孤独の歌姫(シンガー)」など、全5曲を披露した。

 実家が京都のカラオケ喫茶で、幼少期から演歌や歌謡曲に触れており、2019年には三山ひろしなどを輩出した「日本クラウン演歌・歌謡曲新人オーディション」でグランプリを獲得した。演歌歌手の細川たかしが「声そのものに特徴があり、とにかく歌唱力が素晴らしい。個性的な声と魅力的な高音を併せ持っている。歌謡界を驚かす大型新人」と絶賛。現在は細川門下で修業を積んでいる。

 デビューの“前哨戦”となったイベントに田中は、「ものすごく緊張しましたが、堂々と歌えました」と笑顔。細川師匠から「ハスキーな声と高音が持ち味。今日は頑張りなさい」と背中を押されたようだが、「師匠もバッチグーと言ってくれると思う」と胸を張った。

 最近はテレビなどの出演が増えているため、ダイエットを始めているようで、「お酒を飲むのをやめてます」。元々はかなりの酒豪で「細川師匠と同じくらい飲める。ハイボール専門店で働いていたので」と明かした。

 デビューまであと約1か月。「全然実感が湧かないです」と苦笑いも、「東京五輪の開会式で歌唱したMISIAさんのように、あの場に立てるように、スーパースターを目指して頑張ります!」と目を輝かせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請