【DeNA】5回に打者一巡6安打7得点で一気に逆転 牧秀悟は27本目二塁打でリーグ新人単独3位浮上

スポーツ報知
牧秀悟は27本目二塁打でリーグ新人単独3位浮上

◆JERAセ・リーグ 広島―DeNA(13日・マツダスタジアム)

 前日の12日広島戦(マツダ)で今季最少2安打無得点に抑えられ、CS進出の可能性が完全に消滅したセ・リーグ最下位のDeNAが、3点を追う5回に、打者一巡6安打7得点の猛攻を見せて、一気に試合をひっくり返した。

 DeNA打線が2試合分のうっぷんを晴らした。3点を追う5回。1死から戸柱、代打・関根の連打と桑原の四球で1死満塁の好機を作ると知野の左前適時打、佐野の中犠飛で1点差に迫った。2死一、二塁では牧が同点の適時二塁打。今季27本目の二塁打を放ち、リーグ新人では1958年長嶋茂雄(巨人)の34本、98年高橋由伸(巨人)の32本に次ぐ、単独3位に浮上した。

 さらに2死二、三塁で、宮崎が勝ち越しの中前2点適時打。2死満塁の好機を再び迎えると、戸柱がこのイニング2安打目となる左中間への2点適時二塁打を放った。13イニング連続無得点だったが、一気に7点を奪って逆転して見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請