【ヤクルト】村上宗隆がリーグ単独トップの39号2ラン 史上最年少のシーズン40発に王手

スポーツ報知
6回1死一塁、村上宗隆が左越えに2ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(13日・バンテリンドーム)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が39号2ランを放った。

 「4番・三塁」で先発出場。同点の6回1死一塁で相手の2番手・松葉から左翼席へとアーチを運んだ。9月26日の中日戦(神宮)以来、14試合ぶりのアーチとなった。

 試合前の時点で本塁打は巨人・岡本和と並んでいたが、リーグ単独トップに躍り出た。これで63年の王(巨人)、85年の秋山(西武)の23歳を更新する、史上最年少(21歳)でのシーズン40本塁打に王手をかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請