【阪神】西勇輝、勝ち越し点献上直後に“緊急降板” 2回途中でアクシデントか

スポーツ報知
2回途中で降板した西勇輝

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(13日・東京D)

 阪神・西勇輝投手が“緊急降板”した。

 初回に岡本和の中犠飛で先制を許すと、同点に追いついた直後の2回は先頭のウィーラーに四球を与え、若林の左前打と菅野の犠打で1死二、三塁とされた。

 1番・松原の二ゴロの間に勝ち越し点を献上したが、この投球直後に自ら右手を振ってマウンドを降り、治療のためベンチ裏へ。そのまま交代となった。何らかのアクシデントとみられる。

 2番手には馬場が登板した。師匠・菅野との投げ合いはまさかの形で終わりを告げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請