【阪神】坂本誠志郎、菅野から今季初打点となる同点適時打 2戦連続の先発マスクで存在感

スポーツ報知
2回1死一、三塁、坂本誠志郎が同点となる左前適時打を放つ(投手・菅野智之、捕手・大城卓三)(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(13日・東京ドーム)

 阪神・坂本誠志郎捕手が、巨人・菅野から同点適時打を放った。

 1点を先制された直後の2回1死一、三塁。1ボール1ストライクから136キロのスライダーを捉えた。三遊間をしぶとく抜けるタイムリーで同点。今季初打点は貴重な一打となった。

 梅野に代わり、2試合連続の先発マスク。19年7月8日の巨人戦(甲子園)では菅野の直球を左翼席に運ぶなど、3安打2打点の活躍。宿敵のエース相手に再び存在感を発揮した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請