【巨人】ソフトバンクに完封負け 先発の直江大輔は4回2失点 中山礼都がマルチ フェニックス・リーグ

スポーツ報知
巨人先発の直江大輔は、2回までに2点を奪われる立ち上がり

◆みやざきフェニックス・リーグ ソフトバンク2―0巨人(13日・SOKKENスタジアム)

 巨人はソフトバンクと対戦し、0―2で敗れた。

 先発の直江は初回。先頭の佐藤直、川原田の連打でいきなり一、三塁のピンチを背負った。1死からアルバレスの左前適時打で先制点を献上したが、続く中谷を投ゴロ併殺に打ち取り最少失点でしのいだ。2回は野村、井上の連続二塁打で1失点。3、4回も先頭打者にヒットを浴びたがゼロで抑えた。

 打線は3回までソフトバンク先発・奥村の前に一人の走者も出すことができず。4回に中山、湯浅の連打で無死一、二塁としたが、後続が倒れて無得点。5回も2死一塁から喜多が二塁打を放ち二、三塁。一打同点のチャンスで中山が中飛に倒れた。

 直江からバトンを受けたリリーフ陣は鍬原、沼田、横川、古川とつないで追加点を阻止。それでも最後まで打線がつながらず、完封負けとなった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請