岸田文雄首相、GoToキャンペーンの再開は「安全安心の確保を前提とし、検討する」

スポーツ報知

 岸田文雄首相は13日、参院本会議で3日目の代表質問に臨んだ。

 公明党の山口那津男代表は、新型コロナによる影響を受けた観光事業や飲食業などを支援するGoToキャンペーンを再開するよう岸田氏に求めた。岸田氏は「ワクチン、検査パッケージの技術実証等の結果を踏まえ、ワクチンの接種証明や検査の活用による安全安心の確保を前提とした仕組みを抜本的に見直し、週末の混雑回避の工夫や中小事業者への配慮などについても検討する」と考えを表明。

 第6波が懸念される中、具体的な実施時期については「感染状況などを十分に踏まえ、慎重に考えていく」と述べた。

 また、選択的夫婦別姓制度については「国民の間で様々な意見がある。賛成、反対の声にしっかりと耳を傾けて、引き続きしっかりと議論していきたい」と主張すると、野党からはヤジが飛んだ。

 岸田首相は、3日間の代表質問を終え、14日の臨時国会で衆議院を解散し、その後、総選挙に臨む予定となっている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請